転職初心者は知らないと損する!転職エージェントとハローワークの違いとは?

投稿日:

ハローワークで正社員になる転職活動をするために使う媒体はいろいろあります。紙媒体の求人情報誌から転職サイト、転職エージェント、そして、ハローワークです。

でも、転職エージェントとハローワークって何が違うのでしょうか?どちらも、転職希望者に担当者がついて求人をあっせんしてくれるという点では一緒に思えます。

しかし、二つの転職媒体は、全く性質が異なるのです。

ここでは、これから転職しようと考えている人が、それぞれの転職活動に適した転職媒体を選ぶことができるよう、この二つの転職媒体の違いについて詳しくご説明します。

転職エージェントとハローワークは求人掲載料が全然違う

求人掲載料が全然違う転職エージェントは民間企業が運営している転職サービスで、ハローワークは地方自治体などの公営であるという点が違います。しかし、求人を掲載する企業側にとって全く異なる点は、「掲載料の違い」です。求人掲載料は、ハローワークの方が圧倒的に安いのです。

転職エージェントは転職が成立すると、一般的には転職者の年収の3割程度を企業がエージェントに支払う仕組みになっています。年収が300万円なら90万円、400万円なら120万円になりますから、かなりの出費ですね。

求人の掲載料が異なるため、転職エージェントとハローワークに掲載されている求人は全く異なるのです。それは、どのような違いなのかを見てみましょう。

企業が求める人材の質が違う

企業が求める人材良い人材を集めようと思ったら、お金をかけなければなりません。質の良い人材を紹介してくれる評判の良い転職エージェントにたくさんのお金を払わなければ、良い人材を得る確率は低くなります。

つまり、高いお金を払って知名度が高く良いキャリアコンサルタントがいる転職エージェントを使う企業は、良い人材を集めているということです。逆に、ハローワークを使う企業は、そこそこのレベルの人材が集まればよいと思っていることが多いということになります。

転職エージェントを使うと、学歴や社歴などによるエージェント内での選考、そして企業の選考があり、採用までのハードルが高くなりがちです。ですから、ハローワークの方が圧倒的に採用されやすいというわけです。

企業の福利厚生制度が違う

福利厚生制度採用活動にかけられる資金がある企業は転職エージェントを使い、そうでない企業はハローワークを使う傾向がある、ということがわかりました。つまり、企業の資金力の違いによって、どちらを使うかが決まっているのです。

ハローワークを使う企業は資金力が高いとは言えないため、福利厚生制度もあまり期待はできません。福利厚生制度が多少悪いだけなら良いのですが、中にはブラック企業も混じっていることがあります。

「転職エージェントを使えばブラック企業に転職することはない」というわけではありませんが、ハローワークよりはブラック企業に転職してしまう危険は低いでしょう。

求人の地域密着度が違う

求人の地域密着度ハローワークの特徴として、地域密着度が高いということがあります。転職エージェントは首都圏や都市部のみを対象としているところや、全国区の求人を取り扱っているところがあります。

ですから、転職エージェントを使うためには自分が住んでいる勤務地に絞って検索しなければなりません。しかし、勤務地を限定すると、求人がぐっと減ってしまうこともあるのです。

一方、ハローワークは地元の地方自治体が運営する施設なので、地域密着の求人が多くなっています。ですから、地方に住んでいる人には特に、ハローワークがおすすめです。

まとめ

転職エージェントとハローワークは同じ転職媒体でも全く性質が異なることが分かったと思います。求人の質という点では転職エージェントの方が上ですが、ハローワークの方が採用されやすく地域密着の求人が多いというメリットもあります。

それぞれの性質をしっかりと理解していれば、転職活動をスムーズに展開できるでしょう。

-就職活動

Copyright© 正社員になりたい20代が読むサイト , 2017 AllRights Reserved.