【事務職に転職したい男性向け】未経験でも採用される為に必要なスキルとは?

投稿日:

事務の正社員事務職に就くのは女性と考えられがちですが、そんなことはありません。男性で事務職として働いている人は多くいます。

ここでは、事務職の経験がない男性が女性の事務職希望の転職希望者に負けないために、ぜひ身につけていただきたいスキルを詳しくご紹介します。

パソコン系スキルは必須!

パソコンスキル事務職で働くために必要不可欠なのが、パソコンのスキルです。どんな仕事でもそうですが、事務職では特にパソコンスキルが必要とされます。書類やデータの管理、帳票の出力などの作業は、全てパソコンで行うからです。

事務職と言うと真っ先に「簿記」や「医療事務」などの資格が必要なのでは、と思われがちですが、それよりも先に身につけておかなければならないのがパソコンスキルなのです。
パソコンを触ったこともないという人は、スクールに通ってでも使えるようにしておきましょう。

また、excelやwordといったソフトが使えるようにもしておく必要があります。マイクロソフトの資格「MOS」を取得しておくのも良いでしょう。

受験料はexcelやwordなどアプリケーションごとに1万円程度と決して安いものではありませんが、転職時にこれらの資格があるのと無いのとではだいぶ印象が違うはずです。

一歩進んだIT系スキルも使える

ITスキルパソコンのスキルは必須と言いましたが、それは「パソコンを使う側のスキル」のことですね。しかし、パソコンを使っていると、「急にフリーズして動かなくなった」「データが壊れた」「パソコンを使った作業を改善したい」などという、ITに詳しい人にしか対処できない事態が発生することが良くあります。

そんな時に、パソコンの異常に対処したり、データを修復したり、excelのマクロを使って作業を改善したりできるなどという、IT系のスキルがある人が大活躍するのです。

事務職と言えば女性というイメージがありますが、こんないざと言うときにはあまり対処が上手ではない人がほとんどではないでしょうか?そんな時にIT系の知識がある男性がいてささっと対処できれば、その職場でなくてはならない存在になることができるでしょう。

簿記・医療事務などの資格取得も大切

簿記・医療事務事務職と言えばすぐに思い浮かぶ、簿記や医療事務などの資格ももちろん重要です。しかし、どの事務職の職場にもこれらの資格が必要と言うわけではありません。

どちらかと言うと、医療事務や経理の職場では資格よりも経験が重要視される傾向があります。そのため、いくら資格を持っていてもすぐに転職が有利になるわけではないのです。

事務職の資格を取れば、未経験の人が「事務職に対するやる気」を見せるためと、仕事の基礎を身につけたことをアピールすることができます。

事務職経験者には負けるとしても、仕事を始めてからしっかりと経験を身につけていきたいこと、そのために最低限の資格を取得したことなどをアピールすることができれば、採用にぐっと近づくでしょう。もちろん、職場によっては資格不要のところもありますから、よく確認しましょう。

意外と重要なコミュニケーションスキル

重要なコミュニケーションスキル事務職で働くために意外と重要なのが、コミュニケーションスキルです。大量の書類を作成したり、年度末や期末などに全社員の事務処理をしたりと、複数人のチームで手分けして事務処理をすることもあります。また、企業の総務や経理になれば、社員たちとコミュニケーションを取る機会も多いでしょう。

このように、事務職は意外と人とかかわることが多い仕事ですから、コミュニケーションスキルの有無は面接で必ず見られます。事務職だから黙々と作業ができればいいというわけではないのです。過去の職種が接客業や営業などだった人は特に、高いコミュニケーションスキルを持つことをアピールしましょう。

まとめ

事務職に必要なスキル、それは、excelやwordを使えるパソコンスキル、ちょっと深いIT系の知識と経験、簿記や医療事務などの資格、そして、コミュニケーションスキルでした。
これらのスキルをしっかり身につけておくことで、事務職が未経験の男性でも事務職での転職にぐっと近づくはずです。

-就職活動

Copyright© 正社員になりたい20代が読むサイト , 2017 AllRights Reserved.