後悔しない為に知っておきたい転職エージェントを利用するデメリット4つ

更新日:

デメリット転職エージェントは転職活動を有利に進めることができる便利なサービスです。中でも、求人斡旋、応募書類添削や面接対策、企業との交渉などは、一人で活動をしていては得ることができない貴重なサポートですね。

しかし、転職エージェントにもデメリットも存在することをご存知でしょうか?

これから転職活動をする人向けに、転職エージェントを利用するデメリットを4つご紹介します。

1.学歴・社歴で応募できる企業がある程度決まってしまう

学歴転職エージェントには、企業側の書類選考以外にもエージェント独自の選考がある場合があります。

エージェント側は、企業からの「良い人材を送ってほしい」という要望に応えるため、学歴や社歴の良い人材を優先的に良い企業に回したいと考えます。そのため、エージェント内部で独自の選考を行い、「見栄えの良い」人材を大手企業に優先的に紹介します。

そのため、学歴・社歴があまり良くない人は、書類選考で切られてしまう可能性が高くなるのです。これは、転職エージェントを使う上での一番のデメリットと言えるでしょう。

2.転職エージェント側の都合を押し付けられることも

押し付ける転職エージェントのペースに左右され、自分のペースで活動ができないということがあります。

またエージェントによっては、「この企業の方が、採用決定時の取り分や報酬が高いから」などのエージェント側の都合を優先されてしまうケースもあります。

エージェント側の都合ばかり押し付ける担当者だった場合は、担当者を変えるか他のエージェントを利用するべきです。

3.担当者との相性が悪い場合は最悪

最悪転職エージェントを使うメリットとして、転職活動のほとんどの部分をエージェントにお任せできてしまうというものがあります。

忙しい仕事をしながら転職活動を行うサラリーマンにはうれしいメリットなのですが、それが逆にデメリットになってしまう部分もあります。

それは、転職活動の大半がエージェント側に握られてしまうという点です。担当になったエージェントが自分の相性が良く、良いアドバイスをしてくれる人なら良いですが、相性が悪い場合は最悪です。

転職活動の大半をお任せする転職エージェントが、自分と相性が悪く望まない企業を多く紹介してくるなら、すぐに担当者を変えるべきです。

4.個人情報が残る

個人情報転職エージェントを利用すると、あなたの社歴やスキル、仕事経験などの個人情報をエージェントに預けることになります。そうしなければ、あなたを企業に紹介することができません。

転職エージェントは多くの個人情報を扱うのが普通ですから、守秘義務はしっかり守られているはずです。しかし、個人情報の保存方法がずさんだったために、外部に流出してしまう事件は後を絶ちません。

個人情報の管理に絶対安全ということはないようです。自分の個人情報が人に見られるのが嫌だという人には、向かないかもしれません。

まとめ

転職エージェントを利用するデメリットについて見てきました。

転職活動のほとんどの大事な部分を任せてしまうのが転職エージェントです。そのため、担当者との相性が悪かった場合、転職活動がうまくいかなくなることは目に見えています。

また、学歴・社歴に左右されがちだったりエージェント側の都合を押し付けられたりといった、転職エージェントならではのデメリットもあります。

転職エージェントは転職をする多くの人が使うサービスです。だからこそ、そのメリットだけを盲目的に信じるのではなく、デメリットも正しく知っておきましょう。

-就職活動

Copyright© 正社員になりたい20代が読むサイト , 2017 AllRights Reserved.