これでOK!無難な「希望年収」の伝え方とは?

投稿日:

希望年収
転職面接の選考が進むと必ず聞かれる希望年収。結構デリケートな部分なので、回答に困ってしまう人が少なくありません。

本当はなるべく高い給与をもらいたいけど、高すぎると落とされる原因になりうるので慎重な回答が必要です。

そこで今回は、転職活動をする上で説得力が増すような希望年収の伝え方についてご紹介します!

お金の話は避けたほうがよいのでは?

転職活動をする上で「都市伝説」のように言われているのが、この「転職活動をする上では、お金にまつわる話は避けたほうがよい」というものです。この内容は、半分正解で半分誤りです。

正しくは「お金が目当てで転職をする人間だと思われないように、自分から率先してお金の話をするのは止めましょう」ということです。

もしも面接の際に相手企業から希望年収の話が出てきたら、へんに曖昧なことを言うよりはしっかりと返答したほうが、企業側も転職希望者に対して良い印象を持てるはずです。

どのような伝え方が理想的なのか?

転職をする側の本音としては、少しでも年収が高くなれば良いと思っているのではないでしょうか。そのこと自体は間違いではありません。あとは、どのくらいの金額を提示すれば、イメージを損なうことなく受け入れてもらえるかという「空気感」の問題が出てきます。

希望する企業・業界への転職に成功した人達に対し希望年収をどのように伝えたのか調査をしたところ、多くの人が「前職は○○万円でしたので、同額かそれ以上の年収になるような金額を希望します」と答えたか「最終的には御社の判断にお任せしたいと思っています」と答えたかのいずれかでした。

このセリフ、実はよくできた回答なのです。

「前職は○○万円でしたので、同額かそれ以上の年収になるような金額を希望します」というセリフを見るとまず、自分の年収がしっかり認知できているというアピール要素が盛り込まれています。

そして、同額かそれ以上と言うことで、「お金の問題ではなく御社で仕事がしたい」という思いを伝えることができています。中には、その企業・業界にどうしても入りたいがために「今の年収から100万円安くなったとしても御社で仕事がしたいのです」や「安月給でも働きたいです」というように、自分を低く見せて希望年収を伝える人がいますが、このようなやり方をしてしまうと「この人は自分の価値すらアピールできない社会人」であるとマイナス印象を与えかねません。

そこで、「何としてでも御社(業界)で働きたい」という意欲を示すためによく使われているセリフが、もうひとつの「最終的には御社の判断にお任せしたいと思っています」というものです。

このように発言することで、面接をする側の企業は「この転職希望者は金額に固執するわけでもなく、だからといって後になってこんな年収で働くことになるとは思わなかったと言うこともない、客観的に物事を見ることができる人だ」と判断しやすくなるのです。

まとめ

転職活動をする上で希望年収を聞かれたら、是非この「前職は○○万円でしたので、同額かそれ以上の年収になるような金額を希望します」や「最終的には御社の判断にお任せしたいと思っています」を使ってみて下さい。

-就職活動

Copyright© 正社員になりたい20代が読むサイト , 2017 AllRights Reserved.