利用する前に知っておきたい転職エージェントの「本音」と「建前」

更新日:

「本音」と「建前」正社員への転職を目指す人にとって、パートナーのような存在になる転職エージェント。

話を親身になって聞いてくれるだけではなく、転職を希望する企業がどのような人を望んでいて、どんな面接の対応をすれば転職を実現できるのか、ありとあらゆる面のサポートをしてくれます。

そんな、神様のような存在に思える転職エージェントではありますが、ほかの業界同様に「本音と建前」が存在しています。

今回は、転職活動をする上で知っておきたい「転職エージェントの本音と建前」をご紹介します。

「電話で面談しましょう」にも理由がある

電話転職エージェントから電話面談を打診された場合は、面談や移動時間に拘束される必要がなくなるので「そのほうが快適だ」と思う転職希望者もいるかもしれませんね。

しかし「電話で面談しましょう」という話が来たら要注意です。

一見「忙しいあなたのことを考慮して、可能な限り手間を省きたいと思います」という親切心にも見えるこの行為は、裏を返すと「直接あなたに会う時間を取るくらいなら他の売上に繋がる転職希望者と直接会います」という意味である可能性が少なからずあります。

もしも、このような対応をする転職エージェントに遭遇したら、一度、自分が登録した内容が他の転職希望者と比べて優位に立てる内容なのかどうか見直しつつ、利用する転職エージェントを変更する準備をしてもよいかもしれません。

「求人を紹介する」と言ったのに、音沙汰がない理由もある

紹介担当エージェントとの面談を終え、最後に「それでは、早々に求人を紹介させて頂きますね」と笑顔付きで言われたら、どんなに素敵な求人がやってくるのだろうかとドキドキするものです。

しかし、中には「求人を紹介する」と言っておきながら、連絡がくる気配を見せない転職エージェントが存在します。

理由としてはいくつかあるようですが、大抵の場合は、面接をした転職希望者のことを失念しているか、該当する求人がないのにもかかわらずその事実を言えなかったという、担当エージェント自身の問題である可能性があります。

このような場合には、転職エージェントに事情を話して担当者変更を依頼するか、他の転職エージェントに乗り換えてしまったほうが、時間も労力も無駄になりません。

まとめ

「こんな転職エージェントあるの?」という話ばかりのように思うかもしれませんが、実際にこのような転職エージェントは存在します。

自分の希望にあった転職を実現するためにも、転職エージェント選びは慎重に行いたいところです。

-就職活動

Copyright© 正社員になりたい20代が読むサイト , 2017 AllRights Reserved.