あなたの担当はできる人?使えない転職エージェントの3大ポイント

投稿日:

悪徳エージェント正社員として転職をする際に転職エージェントを利用する人は年々増えています。どちらかというと、転職エージェントを使わずに転職しようと考える人のほうが減っているかもしれません。

それだけ、転職エージェントを利用することは効率よく、自分の理想とする転職先決定を後押しする、なくてはならない存在になっています。

一方、転職エージェントを利用した経験がある人の中には、「このエージェントは使えない」「この担当コンサルタントは使えない」というように、転職エージェント選びに失敗したと思っている人が少なくないことでしょう。

そこで、今回は思わず「使えない」「悪質すぎる」と言ってしまうような使えないエージェントに共通する3つの特徴をご紹介します。

特徴1:希望と違う会社・業界の紹介ばかりする

転職エージェントに登録した時に伝えた希望とは違う会社・業界ばかりを「転職先としていかがですか?」と紹介する転職エージェント・担当者には要注意です。

そもそも、なぜこのような状況になるのでしょうか?

いくつか理由があると考えられますが、ほとんどの場合は転職エージェント・担当者側に問題があります。

例えば、人気のない求人が残っているので紹介して、あわよくば転職してもらえれば転職エージェントの利益なると考えて希望外の会社・業界を紹介することがあります。

また、転職者が欲しい会社から「うちの会社のエントリーが少ないね…」と言われて仕方なく転職エージェント判断でエントリー数を増やすために希望外の会社・業界を紹介することもあります。

このような転職エージェントに関しては、もう一度しっかりと希望する会社・業界について話をしましょう。

それでも希望外に対する紹介が続くようなら、もう悪質エージェント決定です。

特徴2:転職希望者に対する対応が雑

転職エージェントに求めることは、求人企業の多さはもちろん、良い転職条件を引き出せるような履歴書・職務経歴書の内容確認や面接対策ではないでしょうか。

しかし、転職エージェントの中には履歴書・職務経歴書は登録されたままのものを使って何のアドバイスもしない転職エージェントや面接対策を実施しない転職エージェントが存在します。

このような転職エージェントは人が少なくて疲弊している可能性があるので、十分なケアは期待できないでしょう。

また、紹介を一度断るとその後は求人企業を紹介しないというような驚くべき対応をする転職エージェントもあります。十分、悪質です。

特徴3:依頼していない企業に勝手に応募している

「そんなことってあるの?」と思う人がいるかもしれませんが、転職エージェントが勝手に「こんな転職希望者がいますよ。いかがですか?」と企業に推薦しているケースが実際に存在します。

転職エージェントは、なぜこのようなことをするのでしょうか?

稀に、「この案件は転職希望者にとって絶好のチャンスなのでスピーディーに動いて少しでも良い条件を引き出そう」というお節介からくることがありますが、多くの場合は、転職者を望んで求人を出している会社が支払う紹介料が欲しくて、転職エージェントが勝手に動いているケースがほとんどです。

こんな個人情報の漏えいをしてしまうような転職エージェントはプロとして失格です。

まとめ

これら3つの特徴はあくまでも代表的な例です。少しでも違和感があるようなら、他の転職エージェントに登録をし直すことも考えてみて下さいね。

管理人が経験した中で一番最悪だったのが、応募先企業を間違われたことです。しかも、それが面接途中で初めて発覚したのです。

ある東証1部企業の子会社に応募したのに、何を間違ってか転職エージェントは親会社の方に応募してしまい、それに誰も気付かずに面接まで進んでしまいました。

面接で聞かされる仕事内容が絶対おかしいと感じ、思い切ってどこの会社の面接なのかを聞いたら間違っていたんです。

普通はありえないですよね、面接官に、この面接はどこの会社の面接ですか?と聞くのは。よく聞けたなと、自分で思います^o^

子会社の人材採用も親会社の人事が一緒にしている為、起きた悲劇だったようです。親会社と子会社のオフィスの場所が同じで面接会場も同じだったので、私自身は疑いもしなかったです。こんな転職エージェントは間違いなく使えない。

-就職活動

Copyright© 正社員になりたい20代が読むサイト , 2017 AllRights Reserved.