間違いない転職エージェントの選び方とは?転職成功に欠かせない3つのポイント

更新日:

転職エージェントの選び方正社員としての転職を目指して転職エージェントへの登録を考えたとして、皆さんならどのような転職エージェントへ登録しますか?

テレビCMに登場するような誰もが知る有名な転職エージェントですか?インターネット検索をして上位に出てくるような転職エージェントでしょうか?

今回は転職エージェントを選ぶ上で知っておきたい3つのポイントをご紹介します。

ポイント1:総合型と特化型にバランスよく登録する

バランスひとくちに転職エージェントと言っても、企業によって転職先を紹介する際の強みに差があります。各社が持つ特色を大きく分けるのであれば、「総合型」と「特化型」の2パターンがあると思ってよいでしょう。

総合型の転職エージェントとは?

総合型の転職エージェントは、得意・不得意の業界があるというよりは、広く大量の転職案件を持っている点に強みがあります。それこそ、超有名企業から「知る人ぞ知る」というような企業まで。

そのため、転職エージェントのコンサルタントは転職希望者の資質を見極めたうえで、相性が合うと判断できれば希望外でありながらも魅力的な企業・業界への転職を提案してくれることがあります。

ただし、特定の業界について人脈や知識が弱い可能性がある点は、覚えておいてよいでしょう。

特化型の転職エージェントとは?

総合型とは異なり、特化型の転職エージェントは、強みとしている業界出身のコンサルタントが多く在籍しています。人脈が厚く知識が豊富ですから、転職希望者は転職をする上で「こういう点が好まれるよ」という情報を仕入れる事ができます。

ただし、業界に特化しているためにエージェントが持っている転職案件は総合型の転職エージェントに比べれば少ないです。そのため、転職が実現するまでに時間がかかってしまう可能性が少なくありません。

以上のように、総合型にも特化型にもそれぞれ選ぶメリットとデメリットがあるので、両方の転職エージェントにバランスよく登録するように心掛けましょう。

ポイント2:担当コンサルタントとの相性が重要

転職エージェントの中には、担当コンサルタントが企業側だけ・転職希望者側だけというようにどちらか一方の担当をしてもう一方の担当とやりとりをするケースもあれば、担当コンサルタントが1人で企業側と希望転職者側のどちらも担当するケースもあります。

どちらがよいとは一概に言えませんが、担当コンサルタントの資質次第では、転職希望者側の希望が企業側のコンサルタントに上手く伝わらないということもあります。

担当コンサルタントと話をしてみて、相性が合わないと感じたら、担当を変更してもらったり、登録する転職エージェント数を増やすなどの対応が必要です。

ポイント3:近い場所にある転職エージェントを利用しよう

総合型・特化型に限らず、転職エージェントに登録をすると、一度は必ず転職希望者の担当をしてくれるコンサルタントと面接をすることになります。

自宅から行きやすく移動時間が苦痛にならないような場所で転職エージェントのコンサルタントと面談ができればよいのですが、コンサルタントとの面談場所までちょっとした小旅行に思えるようなくらい遠くまで移動しなければならないとなると、移動時間が苦痛になりますし、移動費用もかかります。

多くの場合、コンサルタントとの面談場所まで移動する費用は自己負担です。

まとめ

以上が転職エージェントを選ぶ時に知っておきたい3つのポイントです。後悔のない転職活動となるよう、転職エージェントも幅広く活用してみてください。

特に大切なのが、ポイント1:総合型と特化型にバランスよく登録するですね。

-就職活動

Copyright© 正社員になりたい20代が読むサイト , 2017 AllRights Reserved.